pension NOEL
ノエルは、山形・蔵王のどんぐりの森の中に建つ落着いた雰囲気のペンションです。

ペンションは、家族でおもてなしする小さな宿泊施設ですが
私達は、心を込めた暖かいお食事や山形の果物を使った自家製ジャム、
開放感溢れるお風呂、そして、気取らない会話の楽しいひとときを
過ごして頂きたいと願っております。

かぐわしい新緑・初夏は人気のさくらんぼ・蔵王のトレッキング
冬にはスキーやスノボー・樹氷も楽しめます。

自然が育てた緑の空間・秋には彩りの紅葉、そして白銀の世界へと変化します。
森の中の静かな時間と、私達がすばらしいと感じるこの空間へ旅してみませんか。
ペンションノエル
ペンションノエル 今月のお知らせ
NOEL NEWS 12月号 2017年12月1日更新
毎月1日更新。最新情報、お得情報はこちらでチェック!
◆スキーシーズン到来!最寄りのスキー場情報!
◆ふるさと納税をして、お得にノエルに宿泊しよう!
◆『ノエルの奮闘記』・・・「2017年・今年もありがとうございました!」

などなど・・・是非ご覧ください!

⇒ Noelニュースのページへ

ペンションノエル 冬宿泊お得情報
12月のお得プラン
ホワイトクリスマスディナー
◆「初滑りプラン」
12月15日・16日のご宿泊。通常料金の10%OFF!
◆「プレ・ホワイトクリスマスディナー」
12月17日(土)ワインのグラスサービス付き クリスマスディナー
12月23日24日はすでに満室・・という訳で、一足早く、クリスマス!
1月のお得プラン
1月のお得プラン
◆「ドリンクサービスプラン」
1月22日〜31日のご宿泊(大会宿泊を除く)
ご夕食時にワイン・ソフトドリンクのうち1種類をグラスサービス
2月のお得プラン
2月のお得プラン
◆「バレンタインチョコプレゼント」
2月1日〜14日。どんなチョコが当たるかな?
宿泊者全員に当たります
3月のお得プラン
ホワイトデーキャンディープレゼント
◆「ホワイトデーキャンディープレゼント」
3月1日〜14日。 ノエルからお客様に感謝を込めて、キャンディープレゼント
◆「春休みプラン」
3月23日〜3月31日のご宿泊 通常料金の10%OFF!
※宿泊料金割引プランのお支払いは現金でお願いいたします。
クレジット決済は割引適用となりません。そのほかの割引プランや割引クーポンとの併用利用はできません。 ご了承お願い申し上げます。

<継続中>ふるさと納税をして、お得にノエルに宿泊しよう!
山形ふるさと納税山形県上山市にふるさと納税をして頂きますと、
かみのやま宿泊ご利用券にお申込み いただけます。

ご利用券は、ノエルのご宿泊代・館内でのご利用代金に
使用できますので大変お得です!

>> 詳しくはコチラ!

冬シーズンのご予約受付中!!
最寄りのスキー場HP上で空室状況を公開中!
『空室状況』はこちら

満室表示になっていてもさしせまってからのご日程・人数等の変更で空室の出る場合も ございます。キャンセル待ちもお気軽にお問合せください。皆様のご予約を心よりお待ちしております。

ノエルのふるさと直送便
つるし柿ノエルのふるさと直送便は
mama3特撰・農家直送のくだものたちです。

12月は「つるし柿」・「遠赤ほし柿」」です。

>>詳細・お申し込みはコチラ!

「最寄りのスキー場」 情報
最寄りのスキー場◆蔵王ライザスキー場(車約3分):
 ★12月15日(金)OPEN 当日は終日リフト無料開放

◆山形蔵王スキー場
★12月9日(土)スキー場開き

◆蔵王猿倉スキー場(車約10分):
★12月22日(金)OPEN オープン当日リフト無料 
小さなお子様連れでも安心のゲレンデ。

◆◆全山共通【スキー子供の日】◆◆
 小学生以下のお子様 1日券が¥1,000! 日程はノエルニュースでチェック。

詳細・各イベント情報はこちらでチェック!

気象・交通情報
◆『 蔵王エコーライン・冬期通行止めのお知らせ』◆
山形と宮城をまたがる山岳道路の蔵王エコーラインは、蔵王坊平高原・ライザスキー場の上から宮城県澄川スキー場までの山頂部分が、下記の日程で「夜間通行止め」&「冬季閉鎖」になります。 冬季期間、ペンションノエルへは国道13号線経由、蔵王エコーラインの山形県側よりお越しください。
★冬季閉鎖・・・・・2017年 11月 2日(木)〜2018年 4月下旬

◆『 無料シャトルバス』運行時刻についてのお知らせ ◆
★<2017年 12月 14日まで>
土・日・祝日のみ1便、JRかみのやま温泉駅⇔蔵王ライザレストランの区間のみの運行となります。ご注意ください。

⇒ 詳しくはアクセスのページをご覧ください。

◆東日本大震災・原発事故での被災に、微少ではありますが募金活動を継続しております。
⇒ペンションノエルの「東日本大震災への取り組み」について